アルバイトスチューデンツ

学生バイトから社員登用!?ユニクロの新しい雇用方法

ユニクロではアルバイトで経験を積んだ人材を正社員にすることが行われています。キャリア形成に使ってみるのもおすすめです。
編集部

学生バイト

近年重要視されているのが”経験”です。社会人になってから未経験で働くよりも学生のうちから働いていて、そのまま企業に採用されるということも多くなっています。特にユニクロなどの大手ファッションメーカーなどでは、学生バイトから正社員登用を行っており、キャリアも継続して積み上げていくことができるシステムを採用しています。

学生の吸収力

学生は心に余裕もあって、仕事を覚えるのも早いです。その吸収力が非常に近年注目されています。実際に学生のうちに経験を積んである程度仕事が出来れば、正社員になってからも安心して店を任せることができます。ファッション店などは店のことを知っている人が働くのが一番良く、今後の企業を未来を託すにふさわしいです。アルバイトだからといって近年、仕事を適当に行う人を企業は求めていません。

新しい雇用方法

ユニクロが提供している雇用方法は、学生バイトから社員登用するというものです。学生のうちに経験を積んで将来を掴みとることができるので、この不安定な雇用情勢には画期的な方法と言えます。ただ、これには少し穴があり、学生の本分は勉学に励むことなので、これがきっかけでアルバイトばかりに全力を尽くしてしまう学生が増えてしまわないか懸念されています。

学生バイトを採用する企業

学生のうちから仕事を覚えて、卒業後に正社員として即戦力として使おうというのが近年の新しい雇用形態です。新卒がなかなか就職できない現代では、力を付けて安定した職場を見つけることも困難です。ただ、学生のうちから経験を積んでおけばそれがそのまま実力に繋がっていきます。また、近年は「新卒切り」と呼ばれる行為も行われており、新卒でも戦力にならないとクビを切られるということもあるので、ユニクロが提供するこの採用方式は画期的と言えます。

メリット

この採用方法にはメリットが多いです。学生側からすると慣れた職場で働くことができて、自分の力を発揮することもできるので、負担を少なくできます。会社側としては不要な研修を行わなくて良いですし、即戦力として使えるので無駄な費用が掛からず定着性も高くなります。相当にとって合理的な方法がこの方法なのです。

デメリット

ただ、この方法だと、学生の本分を見失いやすいということがあります。学生は本来学業に専念することが求められているので、無理にアルバイトを採用することは懸念の声が上がっています。うまくワークライフバランスを考えて行っていくことが必要ですね。

Return Top