アルバイトスチューデンツ

短期派遣とアルバイト、どっちを選ぶ?

短期派遣とアルバイト、どっちを選ぶ?
編集部

短期派遣とアルバイトの違い

短期派遣とアルバイトの違いですが、短期派遣の登録先は派遣会社となり、アルバイトの場合は、雇い先企業や店舗と直接契約することになります。派遣会社に登録すれば、さまざまな職種が経験できて、仕事のスキルを上げることができるでしょう。

短期派遣のメリット

短期派遣のメリットとして考えられるのは、アルバイトより時給が良く、サービス残業などがないことです。同じような職種で働くなら、時給の高い派遣の方が手取りが多くなるかもしれません。また、アルバイトは働く先が決まっていますが、派遣の場合はいろんな仕事を選ぶことができます。いろんな仕事を経験するチャンスに恵まれるでしょう。また、仕事や勤務地などを自由に選べるというメリットがあります。

アルバイトのメリット

アルバイトのメリットは、自分の都合の良い曜日や時間帯に働くことができる点と、社員に比べて責任が軽いことです。転職しやすいのも、メリットのひとつと言えるでしょう。アルバイトだけで生活していくのは難しいですが、学生や主婦の場合は、学校に通いながらでも働けますし、主婦なら家事や育児をしながら働くことができるというメリットがあります。

短期派遣とアルバイトの共通点

短期派遣とアルバイトの共通点は、社会的な身分が低く、どちらも解雇されやすいということでしょう。ローンを組んだり、賃貸契約などを結ぶことが難しくなります。重要な仕事は任されず、スキルアップが望めない場合があります。ただ、派遣社員の場合は、自分のスキル合った仕事を選ぶことも可能です。どちらも給料面は時給計算なので、月ごとの給料にバラつきが出ます。病気になったり、休みが増えると給料が減ってしまいます。

短期派遣のデメリット

アルバイトの場合、関係は雇い先の企業や店舗だけですが、短期派遣の場合は派遣会社と派遣先の企業との関係となり、両者の言い分が違った場合にトラブルになることがあります。ただ、派遣会社に相談できることもありますから、その点についてはメリットと考えられます。

アルバイトのデメリット

アルバイトのデメリットは社会保険や退職金が出ないなど、社会保障の面が手薄です。また、アルバイトでも一定額以上の収入があれば、親や配偶者の扶養から外れてしまう場合があります。正社員より責任はありませんが、接客業など正社員とアルバイトの差があまりない仕事では、金銭的に割りに合わないことも出てくるでしょう。

Return Top