アルバイトスチューデンツ

「やってらんねぇ」学生がバイト辞めたい!と思うときはこんなとき

学生が「やってられない」と思う瞬間は人間関係・給与・トラブルの三つが主な原因です。ただ、長く働くことと回避できることも多くなってきます。
編集部

学生アルバイト

学生のほとんどは「お金のために」働いています。ある企業の社員であれば遣り甲斐をもって働くという方も多いですが、ほとんどの学生アルバイトはお金を得るために行っています。だからこそ、嫌なことや納得できないことがあると「やってられない」と思ってしまうことも多いのです。では、学生はどのようなことをで「やってられない」と思うのでしょうか。

人間関係

アルバイトを辞める原因として多いのが人間関係です。アルバイトというのは不特定多数の方が働いていますし、同僚に恵まれないと楽しく働くことができません。また、アルバイトと社員での温度差が人間関係に亀裂を生じさせることもあります。例えば居酒屋などで働いている学生などは、社員の方に雑に扱われたりすることもあります。そういったときに「やってられない」と感じることが多いのです。

給与

実際に仕事を始めたものの、シフトを入れても全然稼げないというアルバイトもあります。学生の場合は学業が本業であり、アルバイトに入れるの夜になります。この時間に少し働いて帰るという生活ではあまり稼げないということになります。お金のために働いている学生で給与が低いと「やってられない」と思うことも多くなります。

次のアルバイト先

学生がすぐにバイトを辞めるのには一つ理由があって、それは「次もすぐ決まる」ということがあるからです。社会人になるとなかなか生活のために辞めることができない方も多いです。どんなに人間関係が嫌でも、どんなに給与が低くても安定して稼げる仕事から離れることはできないという方が多いのです。学生の場合はどんな仕事もできるので、「やってられない」と思えばすぐにやめてしまうのです。

客とのトラブル

学生が「やってられない」と思う理由の中に含まれているのが客とのトラブルです。コンビニや居酒屋などの人気のアルバイトは不特定多数の方がやってきます。そういった客とトラブルになることも多いです。女性の場合は仕事中にも関わらずナンパされることもあるかもしれません。トラブル回避は常に念頭に置くことが必要です。

やってられないと思ったら

実際に「やってれらない」と思ったら、辞めることも正解です。しかし、長年続けているとその分トラブルも回避することができるようになりますし、対応も良くなっていきます。人間関係にも余裕が出来て仕事も楽しくなる可能性が高いです。すぐに「やってられない」と思ってしまうこともありますが、長く続けることで見えてくることもあるので、その点の決断には注意しましょう。

Return Top