アルバイトスチューデンツ

モテるバイトってなんだろう?

時給や仕事内容に加えて「モテるか」という視点でバイトを探してみよう
編集部

モテるバイトってなんだろう

以前あるテレビ番組でバイトをしているイケメン・美女を紹介しているのを見て「モテるか?」という視点でバイトを考えることもできるんだなと感じた。 ほとんどの人は「時給の高さ」と「仕事の楽さ」の2つを選考基準としてバイトを探していると思うが、せっかくなら「モテるか?」という視点でもバイトを探してみてはいかがだろうか? モテるバイトというと、うわべのチャラチャラした印象を受けるかもしれないが、僕がここで述べるのはモテる知識や経験を身につけ、交友関係が広げられるバイトのことだ。今回はそんなモテるバイトを紹介する。

モテるバイトとは

「センスを磨ける」アパレル店員

まずはアパレル店員だ。おしゃれな店舗で働きながらファッションの流行や知識を知り、センスを磨くことができる。また、多くのお客に商品の説明やアドバイスをすることで高いコミュニケーション能力も身につけられるため、アパレル店員は男女問わずモテるバイトの筆頭に挙げられるだろう。

「大人になれる」カフェ店員・バーテンダー

自分を成長させたいなら、大人の世界へ飛び込むといいだろう。落ち着いた店内でコーヒーやお酒をつくる姿はかっこいい。ドリンクや軽食がつくれるようになるだけでなく、マスターや客との会話でトーク力が身につき、いろんなことが学べるはずだ。大人へと成長したい人はカフェやバーで働くといいだろう。

「人間関係が広がる」居酒屋の店員

同世代の若者が賑やかに働く居酒屋ではとにかくコミュニケーション能力が身に付き、人間関係を広げることができる。男女問わずバイト仲間と友好を深めることができる居酒屋のバイトはモテるための一番の近道かもしれない。

3つの共通点

これらバイトには「おしゃれな環境である」「専門知識が身に付く」「コミュニケーション能力が身に付く」という3つの共通点がある。4つのバイト全てが接客業であり、3つが飲食店というのもポイントだろう。バイトを通じて人間力を高め、モテたい人は是非参考にしてほしい。

アルバイトは時給だけではない

現在「時給」と「楽さ」でバイトを決める人がほんとうに多い。確かに両方とも重要な判断材料だが、若くて貴重な時期にお金のためだけにバイトをするのはもったいないではないか。せっかくバイトをするなら人間関係を広げたり、知識や能力を身につけたりといろんな経験を積むべきだと僕は思う。ぜひ新しい視点を持って、お金を稼ぎながら自分を高められるバイトを見つけていってほしい。

Return Top