アルバイトスチューデンツ

学業とアルバイトをうまく両立させるには手帳を駆使しろ

学業とアルバイトを両立するには、手帳でのスケジュール管理が欠かせません。時間だけでなく、行動の優先順位や体調管理などできることはしておきましょう。
編集部

学業とアルバイトの両立には手帳が使える

大学生になるとバイトを始める人は多いことでしょう。でも学業とアルバイトを両立させるのはとても大変なことです。そこで、両立のために手帳を駆使する方法についてご紹介しましょう。

学業とアルバイトの両立が難しい理由

学業とアルバイトの両立が難しい理由の一つとして、バイトの拘束時間が長くなりがちであることが挙げられます。大学であれば90分が単位となって授業が行われますが、飲食店や作業系のバイトであれば休憩はあるにせよ長時間バイトに出る必要があるのです。

両立している人は手帳をどうやって使う?

どちらかが少しでもおろそかになってしまったら両立できていないといえます。バイトでミスしてしまった、成績が結構落ちた、遅刻や欠席が増えたというのは典型的なものです。そこで、手帳にタイムスケジュールをつけていくことがおススメです。手帳を上手く使って両立している人の多くは、学業に必要な時間帯とバイトのシフトを上手く計画できているのです。

手帳の駆使で時間の無駄をなくす

手帳を普段使っていない人に使いこなせと言ってもなかなか難しいかもしれません。そんな人でもちょっとしたコツをつかむだけで無駄な時間を減らしていくことができるのです。

手帳でスケジューリングのルールを作る

手帳の使い方でまず最初に行わなければならないのがルールづくりです。この場合、バイトと授業のスケジューリングをどう割り振るのかルールを作っておきそれに従ってバイトや授業を計画することになります。具体的に、この曜日はバイトを入れないとか、最低限このくらいは空き時間を設けるとか、時間感覚をこのくらいは保つといったような大まかなものから、自分でアレンジして細かなルールを作ることもよいでしょう。

アルバイトを優先させたいとき

学費を自分で稼いでいる人や生活費がバイトから賄われる場合は、両方を均等にというわけにはいかなくなります。バイトを優先させていてもしっかり学業と両立させるには、手帳に優先順位を書いておいて、行動予定表を作ったりするのが良いでしょう。

学業に影響しないようにするために

よくあるのはバイトのしすぎで授業に行かなくなり学校をやめてしまうというものです。それでは結局バイトする意味がなくなるので、注意しておきたいところです。とくに深夜のバイトや長時間のバイト、過激な仕事を減らし、時間に余裕をもって働けるように健康管理も手帳で管理しましょう。

Return Top