アルバイトスチューデンツ

人気アーティストのライブでのバイトって、ぶっちゃけ、どうよ。

人気アーティストのライブでのバイトは楽しいことも多いですが、一概にはそうとも言えません。激務でハードな仕事もあるので注意しましょう。
編集部

人気アーティストのバイト

人気アーティストがライブをするときに、ライブ会場などでバイトが募集されることが多いです。中には「アーティストとお近づきに慣れるかも」と思って参加する方も少なくはありません。しかし、実際には仲良くなることはおろか、近づくことも難しいことが多いです。そういった”ぶっちゃけ”このバイトがどうなのかについて説明します。

アーティストには会えるのか

人気アーティストのライブバイトとなると、やはりどうしても気になるのが「アーティストに会えるのか」ということや「アーティストを生で見られるのか」という事です。結論から言うと、仕事をしていると見れる機会はほとんどありません。もちろん仕事をサボって見ようと思えば見れる可能性もあります。しかし、ほとんどそういったことはないので注意しましょう。

ライブは聞けるのか

実際に会うことはできなくても、ライブを聞くことができるチャンスはあります。例えば大きな会場やドームで開催されるライブの場合は、スタッフが常に会場を管理しています。バイトとはいっても中で仕事をすることになるので、ライブの音は聞こえてきます。それを聞くだけでも、このバイトをする価値は十分にあるかもしれません。

仕事について

では、仕事はどのようなことがあるのかというと、ライブの売り子だったり、管理だったり、イベント主催であったり、お客の誘導などがあります。中には警備員としてバイトをしている方もいます。ライブ関係のバイトは給与も良く、楽しく働けることから働きたいという方も多いです。実際にアーティストに会えなくても、ライブという気分に浸りながら働けるのは楽しいです。

楽しい仕事

実際に楽しい仕事も多いですが、中には裏方の仕事ばかりで楽しくない事もあります。それはどの仕事にも言えることなので一概には言えませんが、夢を持って働くという方は現実に打ちのめされることも多いかもしれません。ライブの仕事はもちろん楽しい面も多いですが、大変な面の方が多くなります。それを覚悟して働けるのであれば一度は働いてみる価値はある仕事です。

メリット・デメリット

ライブの仕事のメリットは「華やかな場で働くことができて、もしかしたらライブの音声も聞こえてくる」という点にあります。自分が好きなアーティストが来る場合は、楽しく働けることは間違いないです。デメリットとしては「全てが楽しい仕事ではない」という事です。むしろ激務で楽しさを感じる暇もないこともしばしばあるので注意が必要です。

Return Top