アルバイトスチューデンツ

偽札を見極める!金銭受け取り怪しいと感じたらどうする?

アルバイトをしていてレジに携わるならば、渡された紙幣が偽物というケースもあります。そんな場合、どうすればいいのでしょうか。
編集部

偽札かもしれないと感じた際の対応について

アルバイトをしており、現金を直接受け取る場合には、渡されたお札が偽物というケースもあります。たまにニュースになっているように、実際に偽札を使っている人は世の中に残念ながら存在しているのですから、いつかは受け取ることになるかも知れないと思っておくことも重要です。券売機などが導入されている店であれば機械が真贋を判断してくれますのでお任せできますが、レジがあるお店で働いている場合には自分がその防壁とならざるを得ないのです。しかし、実際に自分がアルバイトをしていて、レジを担当した際に受け取ってしまったらどうしたらいいのでしょうか。

偽札を疑った際の最初の行動

自分がアルバイト中にレジを担当していて、お客さんから受け取った紙幣が偽物かもしれないとその場で思うことがあったら、とりあえずはお釣りを渡す行為を一旦やめましょう。そばに社員さんがいれば、そっとその事実を伝えるなどしてあとの対応はお任せしてしまいましょう。もしも、それができない場合であれば、釣り切れを伝えて受け取りを引き伸ばして、事務室に社員を呼びに行くなどの対応をとってもいいと思います。とにかく、社員などの責任ある立場の人にお任せするべきです。

相手は目立つことを嫌うもの

偽札と知ってその紙幣を使用している人の場合には、自分が目立ってしまうことを嫌います。一日にたくさんの人々が支払いをおこなう店などで使用するケースが多いのも、誰がその紙幣を使ったのかをわかりにくくするためです。防犯カメラ映像でも誰がその紙幣を渡したのかまではわからないケースが多いのです。しかし、そこでお釣りがないとなって店員が事務室などに引き上げるなどすれば、店員にとってはその際の記憶が強くなります。そのため、犯人としてはこのような状況を嫌いますので、別な紙幣で支払いを済ませることもあります。

たいていは一万円冊を使用する

偽札はどこかのお店で使用して、そのお釣りとして本物の紙幣をもらうことが目的です。そのため、たいていは効率のいい一万円を作りますので、一万円をもらった場合には特に気をつけましょう。相手が嫌がるような行動を取れば、千円札を出してくることもあるので、あえて相手が嫌がることをおこないましょう。

間違いもあるのでストレートに言わない

自分が受け取ったお金が偽札かもしれないと思ってもその判断が間違っている可能性もありますので、その場でストレートにお客さんにいうのはやめておきましょう。あくまでもその場を乗り切ることを考えておきましょう。

Return Top