アルバイトスチューデンツ

アルバイトに必要な能力

雇用主がアルバイトに求める能力
編集部

接客アルバイトに求められるもの

アルバイトの中で最も人間性が求められるのは接客アルバイトだと思う。私は接客のアルバイトをしていたころ、アルバイト希望者の面接を担当したり新人アルバイトの教育係をしたことが何度かある。その経験と、その時に感じたことから雇用主がアルバイトに求めるものとは何か?を考え、特に重要なものを次の5つにまとめた。

5つの注意点

(1)清潔感
アルバイトでなにより大切なのは清潔感だと思う。特に接客業では、店員の清潔感はお客様の満足度にも大きく影響する。爪の手入れや整髪、ひげの手入れだけでなく、背筋を伸ばしたり、膝をきちんと伸ばした立ち方をすることも清潔感につながる。身だしなみや立ち振る舞いは常に意識すべきだ。
(2)遅刻・欠勤がない
雇用主は、仕事を円滑に行うためにアルバイトを雇っている。遅刻や欠勤は他の人に迷惑をかけるだけでなく、仕事場の雰囲気を悪くする。これはアルバイトだけではなく、社会人の基本であり、雇用主の信頼を得る上でも重要な点である。
(3)はきはきと話せる
お客様への対応だけでなく、働き手同士のコミュニケーションをはかるうえでも、はきはきとしゃべることは重要である。小さい声やこもった話し方だと、お客様には不快感をあたえかねない。また、働き手同士でそのような話し方だったとき何度も聞き返させる行為は時間の無駄遣いである。はきはきと話すことで、相手に快活な印象を与えることができる。これは就業中はつねに心がけておきたい。
(4)記憶力がいい
仕事をする時、アルバイトは上司の意見を求めたり、指示を受けることも多い。1度言われたことをきちんと 記憶して行動できることは、評価につながる。私は記憶力はあまりよい方ではなかったので、つねにメモ帳を持ち歩き、完了した仕事には斜線をひくことでやり忘れを防ぐように心がけた。他にも、何度も来店されるお客様の顔を記憶しておくことができるとなお良いと思う。店員に顔を覚えてもらえるのは、自分がお客様の立場であってもとても嬉しいことだ。結果的にそれがお客様の満足度につながるとも考えられる。
(5)働く目的が明確である
  アルバイトは必ずしも自分が希望したりやりたい仕事ができるとは限らない。そんな時に雇用主が重要視するのは、なぜアルバイトをするのかが明確であることである。私がアルバイトをしていた時は、進学費用を貯金す るという目的があった。このように、明確な目的があることは重要なことだ。明確な目的があることは、働く熱意につながる。なんとなく時間があるからなどの漠然とした理由は、やる気の喪失や意欲の低下につながるのでは?という懸念がある。常に、働く目的は意識しておきたい。

最後に

ここまで私が考える、接客アルバイトが注意すべき点を5つあげてきた。接客業は常にお客様目線に立つことが大切である。お客様あっての接客業であることを忘れてはいけない。   

Return Top