アルバイトスチューデンツ

バイトを長く勤めるのはいいことか

職場歴の長さの長所短所
編集部

同じ職場に長く勤めるか、職場を転々とするか

今はフリーの立場だから、いろんな職場を見てみたいし経験したいから、バイトは長くても3ヶ月まで。という人もいれば、同じ職場の方が居心地がいいし、時給もアップして評価してもらえる、この職場が好きだし、仲間も好き、だからやめたくない。このように、同じ職場で長く勤めるか、違う職場で短いスパンで働きたいという、両方の意見があると思います。 また、就職の際にも意見が分かれます。採用する側の企業としても、長く勤めているから、この会社に入っても簡単にはやめないだろうから好評価。という会社もいるでしょうし、同じ職場にいるというのはチャレンジ精神がない、いわば保守的な人だから、我が社が求める変化を求める社風と違う、いろんな現場を見ていないというのは、もったいないし、行動力がない。そう見なす企業もあるでしょう。 実際そんなことを言われると、働いている側も困ってしまいますよね。果たして続けるか、変えるか。

同じ職場でアルバイト

就職試験の面談などで、同じ職場で続けているということは、好アピールにつながることが多いというのが現状です。辛抱強くて、こらえ性がある人物だと見なします。実際、日本の会社では、会社色に染まるような人材が好まれます。どういうことかと言うと、素直でなんでも会社の言う通りの業務をこなしてくれる人です。なので、アルバイトでも同じ職場にいるというのは、かなり性格が出るところなので、会社としても人となりがわかるので採用につながることが多いのです。

違う職場を転々とする

日本社会では、あまり好まれない生き方です。たかだアルバイトと思うかもしれませんが、辛抱強さがない、嫌だと思ったらすぐやめてします。そういう人材だと見なされます。自分の言い分として、違う職場を経験したかったといっても、言い訳に聞こえてしまいます。本当にこの生き方でいくのなら、ベンチャー企業やクリエイティブ系の職種につくことをおすすめします。しかも、中途半端にやめているのはいけません。一ヶ月ごとにかえて、いままで100近くのバイトを意識的に変えていた。これくらいの振り幅がないと、特徴的な人物だと思われません。ただ、一般の会社でこれをしたら、普通に不合格です。選ぶ職種や会社は変わったところでないと、あなたのその特性をわかってくれるところはないので注意しましょう。

Return Top