アルバイトスチューデンツ

できるアルバイターはサボりも一級品!?上手にサボる方法

上手にサボるとは、怒られない秘訣を知っているということです。きちんと作業した上で、怒る人と仲良くなっておけば、できるアルバイターに近付くでしょう。
編集部

必要なこととそうでないこと

できる人とは、全てに全力を注いでいる人とは少し違います。もちろん、どんなことでも、全力で取り組めればそれに越したことはありませんが、人間の集中力や体力には、限界があります。そのため、その限られた中で、努力することや、しないことを選ぶ。そういった選択が正しくできる人こそができる人と呼ばれるのです。

アルバイトにとってサボるとは

アルバイトは時給で働いているのが普通であり、成果給ではありません。そのため、悪い言い方をすれば、時給以上の働きを見せたら損をしてしまうとも考えられます。また、お店なら店長やオーナー、現場作業ならリーダーや監督といった目上の方からも作業を見られているので、その人たちからの目も気にするようにしましょう。

手は抜かない

いくら、時給以上を稼がないということであっても、最低限やらなければならないことは決まっています。そういうことを怠ってしまっては、もちろん下手なサボり方となってしまいます。必要以上のことはやらない、求められていないことはやらないというのが大切なのです。手を抜くのではなく、手を入れないという心がけが大切でしょう。

サボるコツとは

サボっても大丈夫というのは、他の人の目に付かない、気にならない、ということが大切なので、人間関係が良好になっているかを気にした方がいいでしょう。結局は好きな人のことは怒れないのが人間の性でしょう。サボるのにはコツがあります。それを、考えてみてはいかがでしょうか。

そのお店の偉い人を把握する

自分と似た環境、待遇の人と群れてしまったり、仲良くなってしまったりしがちですが、それではいけません。その場所で自分が得をする方法、もっと上のステージへと進むことのできる方法を考えたら、自ずとすべき事が見えてくるでしょう。今後の未来のためにも、そういったシビアな考え方は覚えておくといいでしょう。

時と場合による

友人・知人のアルバイト先に遊びに行った時に「今は店長が居ないから大丈夫」と言われたことはないでしょうか。これは、上手にサボっている具体例のひとつです。サボらせてくれない人が居ない時を見計らってサボるのは大切なことです。もちろん、人と話をしながらでも、商品陳列や掃除といった業務はできます。それを、きちんとこなしながら、来てくれた友人の対応をするのならば、問題はないでしょう。

Return Top