アルバイトスチューデンツ

子供のバイトに賛成?それとも反対?親の本音を探る

親が賛同してくれるアルバイトは意外と少ないものです。どういうお仕事であれば、納得してもらえるのか、ということを一度検討して選べるようにしておくのが良いでしょう。
編集部
"

アルバイトは内容によるのが実情

高校生、大学生のアルバイトとなると、親によっては「学業の妨げになる」ということで、あまり賛成しない人も珍しくありません。ただし、このあたりは、アルバイトによっては、人生経験になるので、それほど否定されず、受け入れられることも珍しくありません。アルバイトの内容については、どういうお仕事が向いているのか、ということを一度、真剣に考えて見るのも一つの方法といえるのではないでしょうか。

高校生なら派手なアルバイトはNGに

高校生はアルコールを提供するお店では働ける時間が決まっているほか、夜の時間のお仕事は禁止されているなど、一定の縛りがあります。また、昼間のコンビニエンスストアの仕事であっても、親の中には「学業の支障になる」として反対する人がいます。ですが、アルバイトをする学生がどのような趣旨で働きたいか、ということをしっかりと伝えることで解決する場合もあります。

大学生になると急にアルバイトの範囲が広くなる

高校生と違い、18歳以上、成人した社会人としての大学生は、アルバイトの範囲が急に広くなります。そのため、選択肢も確実に広く持つことが出来るようになるのですが、その中から「こういうお仕事なら自分でもしてみたい」と思える内容があれば、比較的、よい条件で選択をすることが出来るようになります。親に隠れてアルバイトをするよりも、堂々と出来るお仕事を選べるようにしておくことが間違いがありません。

女子のアルバイトは意外と反対される

女子の場合、親が根強くアルバイトで反対することも多くあります。特に、接客や人に触れることがあるようなお仕事の場合、業務が詳しく説明できないと、親としては心配の種になってしまうことがあります。また、このあたりのアルバイトの条件は、自分で納得して働かないと、後で苦労してしまう結果に陥る危険があります。双方ともに、納得できるお仕事の環境を整えることが望ましいといえます。

将来につながるアルバイトは歓迎されることも

将来的に、自分の財産になるアルバイト、たとえば家庭教師のようなお仕事であれば、比較的歓迎される傾向にあります。このような「社会に貢献するようなお仕事」であるかどうか、ということが親にとっては一つの目安になるようです。このあたりは、親によっても判断の基準が変わってしまうので、ある程度、柔軟に捉えてもらえるようにしておくことが無難な選択をする方法としてはお勧めになるのではないでしょうか。 "

Return Top