アルバイトスチューデンツ

学生バイトの注意

働きすぎて稼ぎが一定以上になると税負担も増えてしまう。
編集部

学生バイトが気をつけなければいけないこと

 高校や大学に進学するにあたり、自由な時間が増えてその時間にバイトをしてお小遣いを稼ごうと考えている人は多いと思います。単純に考えれば空いた時間はバイトに回して大目に稼ぐことができるはずです。ですが、学生のバイトでも税金がかかるのです。ほとんどの学生さんは親の被扶養者として保険証を利用しているはずです。その場合、ある一定の金額以上を一年間に稼いでしまうとその扶養控除に適用されなくなり、税金負担が大きく増えてしまうのです。知らないままむやみにバイトをたくさんしていると実は損をしていた、なんてことにならないためにも学生バイトが気を付けるべき「稼ぎすぎ」についてご説明したいと思います。

103万円を超えるな

 親の扶養控除から外れてしまう基準の金額が103万円です。学生自体に所得税が発生する基準の金額は130万円なのでそのことを知った方が勘違いして130万円までなら稼いでも何の問題もないと思い込み、結果として親の税負担が増えてしまうというのはよくあることです。  実際に103万円を超えると親の税負担は10万円以上増加するようです。103万円を12ヶ月で割るとおよそ8万円。学生のバイトであれば月に8万円程度を目安に抑えておくことがおすすめです。

130万円の基準とは?

 103万円と130万円の二つの数字が出てきてややこしいですが、よく聞く130万円の基準では何が変わるのでしょうか。  この基準では健康保険と年金に関するお金の支出が変わってきます。これは「勤労学生控除」と呼ばれるもので、そこまでは税金がかからないとされる制度です。基本的には年収が130万円を超えると健康保険料や年金の保険料を自ら収める必要がでてくるのです。  うっかり学生なのにこれらのことを知らずにたくさん稼ぎすぎてしまうと、親に迷惑をかけてしまうだけではなく、自らの余計な負担も増やしてしまうことになるのです。

まとめ

 お小遣いを稼ぐ目的や家計を少しでも補助するために行われているアルバイト。しかし、その制度を詳しく知らないと頑張って働いたはずなのに損をしてしまいかねません。親の税負担を増やしてしまっては家計を支えるはずのアルバイトがかえって裏目に出てしまいます。ですので、そうなることを避けるためにはバイトの年収は103万円を超えないように意識しておくことが簡単で大切です。自分を助けるためにもあるバイトでお金を稼ぐのもほどほどにしておきましょう。

Return Top